戻る


  川崎競馬場距離別コース解説



  川崎競馬場 2100mコース

川崎競馬2100m

  • スタートして最初のコーナー(3角)まで400mと長めで、枠順からの有利・不利はそれほどない。
  • 最終コーナー(4角)を回ってゴールまでの直線距離が300mと短めで、脚質からは先行馬が有利なコースとなっている。


 コーナー6回で長距離だけにスローペースになりやすく、先行馬が有利

 スタートから2周目の向上面でペースが上がるため、それまでに
  差し馬は先団につけて置かないと勝ちきれない。


川崎競馬場2100m
スタート地点2コーナー出口付近
最初のコーナーまでの直線距離400m
最後のゴール板までの直線距離300m                 
脚質先行馬有利
枠順有利不利はほぼない


  川崎競馬場コース


  • 川崎コースの全体的な特徴としましては3コーナーのカーブが極めてきつく人気馬であっても勝利させるには高い騎乗技術が必要であり、馬の能力と同様に騎手の腕も大きく問われコースとなっています。

川崎競馬場コース図


  • 砂の状態で内外の有利不利が変わるため前半のレースで、当日の傾向をつかむことが大切です。


a:4734 t:1 y:1