私の予想メモ大井競馬6/24

1R 10億ポイント!大井のSPAT4賞 3歳

ダ1,600m(内)(12頭) 発走時刻 14:25

【波乱要素を含む】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑦⑫
好位 ②⑩
中団 ③④⑤⑥⑧⑪
後方 ①⑨
ゆったりとした流れになりそうな顔ぶれ。
トミケンビディーが前目の位置取りでやや有利。
⑪ケンシロウ、①カナディアンロブは早めに仕掛ける必要はある。


私の見解赤字は私の推奨馬)
外枠は好都合となるケンシロウは揉まれずに上位争いが可能。
持ち時計で優位な⑦トミケンビディー、叩き2戦目となる①カナディアンロブが主力を形成。


私の最終評価
◎⑪ケンシロウ
〇⑦トミケンビディー
▲①カナディアンロブ


買い目
⑪-①②⑦⑨⑩
⑦-①②⑨⑩⑪


2R 3歳160万

ダ1,400m(外)(14頭) 発走時刻 14:55

【先行勢有利】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑬⑭
好位 ⑧⑪
中団 ①②③④⑥⑦⑨⑩⑫
後方 ⑤
機動力を備えているホウオウシーダーが先手を奪う。
続いてシングンオリヴィアが追走。ペースは遅くはないが先行勢は強力。
前で崩れで⑦ロケットスレッドが浮上。


私の見解赤字は私の推奨馬)
転入緒戦となる⑬ホウオウシーダーは笠松での実績を評価。
久々を使われた⑦ロケットスレッドは上積みが見込める。道中で揉まれると力を発揮できないが今回は外枠となったシングンオリヴィアに警戒。


私の最終評価
◎⑬ホウオウシーダー
〇⑦ロケットスレッド
▲⑭シングンオリヴィア


買い目
⑬-⑤⑦⑧⑨⑭
⑦-⑤⑧⑨⑬⑭


3R 3歳160万

ダ1,200m(外)(14頭) 発走時刻 15:25

【伏兵の台頭も】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②⑤
好位 ③⑥⑨
中団 ①④⑦⑩⑪⑫⑬⑭
後方 ⑧
先行争いもありそうでハイペースまで考えられる。
⑩エポナブレスは逃げる馬をみながら追走。
中団で脚をタメてパルフェドール、ディアティアラがマクリ気味に強襲。


私の見解赤字は私の推奨馬)
スタートに課題は残しているもののエポナブレスの素質が一枚上の組み合わせ。取り消し明けを叩いて中心視。
ブリンカーの着用で変わり身に期待したい⑨パルフェドール、復帰3戦目で走りころとなる①ディアティアラに注目。


私の最終評価
◎⑩エポナブレス
〇⑨パルフェドール
▲①ディアティアラ


買い目
⑩-①②③⑨⑭
⑨-①②③⑩⑭


4R C2(五)(六)

ダ1,600m(内)(14頭) 発走時刻 15:55

【軸馬は安泰】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑪
好位 ②⑤⑨
中団 ①③④⑦⑧⑩⑫⑬⑭
後方 ⑥
⑪が逃げると思われるが、スズカオーロラ、シングンスパークにマークされる形では逃げ切りまでは厳しくなる。
①リヴァリーシップはロスなくレースを進め隙をついて直線勝負。


私の見解赤字は私の推奨馬)
デビューから3連勝中で底をみせていない⑨スズカオーロラを中心視。
距離2度目で前走に続き森騎手が手綱をとる⑤シングンスパーク、好枠を引いたリヴァリーシップが圏内。


私の最終評価
◎⑨スズカオーロラ
〇⑤シングンスパーク
▲①リヴァリーシップ


買い目
⑨-①②④⑤⑪
⑤-①②④⑨⑪


5R C2(五)(六)

ダ1,200m(外)(13頭) 発走時刻 16:30

【上位は拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ①⑥⑪⑬
好位 ②⑧⑨
中団 ③④⑦⑩
後方 ⑤⑫
ナイスブロンディと⑥ナンシーファミリーは先行タイプではあるが控えても競馬はできる。
無理な競り合いはせず前々でレースを進める。
後ろから⑩メッサーマイスターが直線で迫る。


私の見解赤字は私の推奨馬)
休み明けを苦にしないメッサーマイスターはクラスが下がり緒戦から勝ち負け。
放牧明けを叩いて上積みのある⑪ナイスブロンディ、粘りが増してきた⑥ナンシーファミリーが上位。


私の最終評価
◎⑩メッサーマイスター
〇⑪ナイスブロンディ
▲⑥ナンシーファミリー


買い目
⑩-②③④⑥⑪
⑪-②③④⑥⑩


6R C1(五)(六)

ダ1,600m(内)(14頭) 発走時刻 17:00

【上位は拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②⑩
好位 ⑤⑬
中団 ①③④⑥⑦⑧⑪⑫⑭
後方 ⑨
内枠からチタノプリンセスが主導権を握る。
それを目標に好位から差す⑤トリプルアローが迫る。
④マイネルカゲツは末脚勝負にかける。


私の見解赤字は私の推奨馬)
ハナを切る形が理想となる②チタノプリンセスが好枠をゲットし逃げ切り狙う。
勝って勢いに乗るマイネルカゲツとトリプルアローも重視。


私の最終評価
◎②チタノプリンセス
〇④マイネルカゲツ
▲⑤トリプルアロー


買い目
②-④⑤⑩⑪⑬
④-②⑤⑩⑪⑬


7R C1(五)(六)

ダ1,200m(外)(14頭) 発走時刻 17:30

【混戦模様】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑪⑬⑭
好位 ④⑥⑦
中団 ②③⑤⑧⑨⑫
後方 ①⑩
ヴィグラスノートは折り合いがつくため無理に競り合わないがハナか。
やや速い流れが予想され④ゼネラルヴィント、⑤ネオエレキングが決め手を生かし浮上。


私の見解赤字は私の推奨馬)
叩き3戦目でゼネラルヴィントが更に上昇しチャンス到来。
道悪で4勝の実績が光る⑪ヴィグラスノート、骨折明けを叩いたネオエレキングに注意。


私の最終評価
◎④ゼネラルヴィント
〇⑪ヴィグラスノート
▲⑤ネオエレキング


買い目
④-②⑤⑪⑫⑭
⑪-②④⑤⑫⑭


8R 楽天競馬でポイントガッチリ賞 A2(二)B1(四)

ダ1,400m(外)(11頭) 発走時刻 18:05

【上位は拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②⑦
好位 ③⑨⑪
中団 ①④⑤⑩
後方 ⑥⑧
ペネトラーレは逃げる馬の直後で前をうかがう。
中団で構える①リコーヴィッカース、⑩ブルーウィザードが今回は伸びて上位進出。


私の見解赤字は私の推奨馬)
1400メートルに起用は歓迎となるブルーウィザードの一変に期待。
前々走でA2で勝っている⑨ペネトラーレも再考したいところ。鉄炮の利くリコーヴィッカースには警戒が必要。


私の最終評価
◎⑩ブルーウィザード
〇⑨ペネトラーレ
▲①リコーヴィッカース


買い目
⑩-①③⑦⑨⑪
⑨-①③⑦⑩⑪


9R ボンネビルレコード賞 B3(一)(二)

ダ1,600m(内)(12頭) 発走時刻 18:40

【先行勢に有利】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ⑥⑧⑩
好位 ②⑦⑫
中団 ②⑤⑨⑪
後方 ③④
カヴァレリアが積極的にハナを主張すれば⑧や⑩コクシネルも競ることはない。
道中は落ち着い合流れで推移。展開は先行タイプに有利。
早めに仕掛けて⑤ムーンドライヴがどこまで迫れるか。


私の見解赤字は私の推奨馬)
休み明けの前走でも見せ場は作った⑥カヴァレリアの叩き2戦目に期待。
末脚の威力を増してきているムーンドライヴ、本来の先行策で一変したコクシネルが上位争いに加わってくる。


私の最終評価
◎⑥カヴァレリア
〇⑤ムーンドライヴ
▲⑩コクシネル


買い目
⑥-②⑤⑦⑨⑩
⑤-②⑥⑦⑨⑩


10R コンサートボーイ賞 B3(一)(二)

ダ1,800m(外)(13頭) 発走時刻 19:20

【順当決着】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②⑪⑬
好位 ⑤⑨⑩
中団 ③④⑥⑦⑧⑫
後方 ①
逃げ候補は何頭かおりハナは流動的ではあるが②ウインハピネスは積極的に運んで流れは緩まない。
折り合いのつきやすいコウエイスーシェフ、マイネルリノセロスが好位からスパート。


私の見解赤字は私の推奨馬)
他地区で重賞勝ちの実績は伊達ではなかったウインハピネスが引き続き中心に。
⑤コウエイスーシェフは流れに乗って折り合いがつけば逆転まで。連続して1800メートル起用となる⑨マイネルリノセロスにも注視。


私の最終評価
◎②ウインハピネス
〇⑤コウエイスーシェフ
▲⑨マイネルリノセロス


買い目
②-⑤⑦⑨⑩⑪
⑤-②⑦⑨⑩⑪


11R 帝王賞(JpnI)

ダ2,000m(外)(14頭) 発走時刻 20:05

【豪華メンバーが集結で上位は拮抗】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ④⑫
好位 ②⑥⑧⑭
中団 ①③⑤⑦⑨⑩⑪
後方 ⑬
④⑫あたりが先手を奪い平均ペースで推移。
⑧クリソベリル、⑥チュウワウィザードは好位である程度積極的な位置取りとなる。
強力な好位勢をマークし道中はレースはしやすいオメガパフュームの末脚がさく裂する。


私の見解赤字は私の推奨馬)
強力なメンバーが揃った。そのなかでも大井2000メートルに適性があり帝王賞の連覇を狙う⑪オメガパフュームを本命に挙げる。
ドバイワールドカップは中止になったが国内で無敗のクリソベリルにも高い評価が必要。本命馬に勝ち越しているチュウワウィザードは軽く扱えない。


私の最終評価
◎⑪オメガパフューム
〇⑧クリソベリル
▲⑥チュウワウィザード


買い目
※-※※※※※
※-※※※※※
↓買い目はこちらで確認できます↓
人気ブログランキング


12R チヤンピオンスター賞 A2(一)

ダ1,400m(外)(12頭) 発走時刻 20:50

【2頭が強力】


私の展開予想赤字は展開有利馬)
逃げ ②⑩
好位 ①③④⑥
中団 ⑤⑦⑧⑪⑫
後方 ⑨
②ハルディネロが主導権を握る。①アンティノウスは好位のインで隙をみて直線で叩き合い。
そこに中団で脚をタメるマムティキングが加わってくるか。


私の見解赤字は私の推奨馬)
前走で完勝している2頭の一騎打ちムード。伸びしろのある4歳馬のハルディネロを優位にみるが、
南関東への移籍で息を吹き返したアンティノウスも遜色ない。1400メートルで堅実な⑤マムティキングが割って入れるか。


私の最終評価
◎②ハルディネロ
〇①アンティノウス
▲⑤マムティキング


買い目
②-①④⑤⑦⑪
①-②④⑤⑦⑪

a:474 t:3 y:0

コメント


認証コード9590

コメントは管理者の承認後に表示されます。